瀬戸内海でとれる天然ものの「車エビ」の皮をむき、天ぷら粉をまぶしてから揚げたもの。「車エビ」は、生で食べてもおいしいが、熱を通すと甘みが増してさらにおいしく食べられるといわれ、鍋料理にも用いられるが、煮ると出汁に旨みが逃げてしまうので、それを避けるならば…と、人気があるのが天ぷらだ。サクサクの衣の中に隠れたプリプリの「車エビ」の食感が心地よく、天つゆの甘さと「車エビ」の甘さがよくあうことから天丼の具にもよく用いられる

引用元: 車エビの天ぷら とは /郷土料理・名物料理 |愛媛県/松山・道後|ぐるたび.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中