天ぷら界のニューウェーブ!?「とり天」って旨いよね!

大分県のご当地料理「とり天」をご存知ですか?今秋、丸亀製麺から登場した「タル鶏天ぶっかけうどん」が人気で、「とり天」への注目もにわかに全国区に高まりつつあるようです。ぜひ、ご自宅でも作ってみませんか?

 

 

「とり天」って何だ?

諸説ありますが、とり天とは1960年代に大分市のとある食堂で生まれたといわれています。主に鶏もも肉や胸肉をしょうゆ・おろし生姜・おろしにんにく・酒を合わせたタレに漬けこみ、水で溶いた衣をつけてカラッと揚げて作ります。ポン酢や酢醤油に練りからしを添えて食べるのが定番だとか。讃岐うどんのトッピングとして食べる習慣がある香川県では「かしわ天」とも呼ぶそうですよ。

 

天ぷらというと海老やきすなどに代表されるように魚介系の具材がクローズアップさせることも多いですが、やっぱり「お肉が好き!」という人は多いはず。そんな時こそ、とり天がオススメです。

天ぷら界のニューウェーブ!?「とり天」って旨いよね! – ライブドアニュース.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中