揚げたての天ぷらをご飯に乗せ、たれをかけて食べる天丼は誰に聞いてもまず異論のないおいしい一品ですが、さらにそこに「だし汁」を加えて「天茶(天丼茶づけ)」にすることで、味わいがサラッとしたものへ変化する様子を楽しむことができます。宅配もできるどんぶり専門店「どんぶり名人」では、2個の浜蒸し牡蠣(かき)と野菜かき揚げなどをてんこ盛りにした「特上四季天丼”冬”」に、ねぎ入りお出汁(だし)とゆず塩、わさびをセットにした「出汁茶セット」で天茶を楽しめるとのこと。さらには、なんと通常の「カツ丼」と「出汁茶セット」の相性もグッドということだったので、両方を1度に注文して食べてみることにしました。

情報源: カキの天ぷらが2つ入った「どんぶり名人」の「特上四季天丼”冬”」と「出汁茶セット」のコンビネーションなどを食べてみました – GIGAZINE

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中