「熱さと冷たさのマッチング具合に無理はないの?」と思ったのだが、ひと口食べた瞬間、その不安はたちまち解消された。まだ湯気がたつ天ぷらの周りに散りばめられた冷たい“天つゆジュレ”が口の中でトロリと溶けて、衣のカリッとさを損なわずに一体となる。

衣カリッと派の私は普段の天ぷらもこれで食べたいくらい。夏野菜の代表格のみょうがが混ざったどんぶりのご飯は、ただ冷やすのではなく“氷水で締めてある”というのもこだわりのポイントだ。

天ぷらとの温度のコントラストを楽しんでから、最後は特製の出汁をジャバ~ッとかけてお茶漬け風にいただきます! この出汁がまたシイタケの旨味がきいていて、サラサラと流し込みながらも思わず顔がほころんでしまう。

夏限定の贅沢。3通りの美味しさを味わえる「冷やし天丼」 – ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/11940721/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中